top of page
HP_TOP.jpg

What is ESD Platform WILL?

WILL, a youth organization  promotes "Education for Sustainable Development (ESD)" with a diverse group of people and organizations. We aim to create a society where everyone can be involved and realize "sustainable development (SD)". WILL members, while taking action on their own,  seek to find methods of multi-layered and pluralistic  "encounters" and "connections" between people in society.

​5つのルーム

​WILLでは、5つのルームを母体としながらプロジェクト/プログラムを推進し、互いに誘い合いながプラットフォームをつくっています。

​ Work

スクリーンショット 2019-11-20 23.16.19.png

WILL focuses on WORK (volunteer work, workshops, work camps).

Volunteer Work

Isn't a volunteer a social device that easily crosses the boundaries of each specialty? Through volunteering, we become aware of various problems and know the ideals pursued in the fields. What kind of volunteers will make you aware of what social problems?

 

Workshops

There are various methods that allow participants to loosely connect with each other and establish their own independence. We develop the methods based on each period the concrete circumstances (time, place, person, purpose and environment) and consider their meanings and effects.

 

Voluntary Workcamps

We focus on Workcamps as the place where people are not good at interacting with people and putting themselves in a group can have a little confidence and reconsider what they thought to be natural. Workcamps may teach us the importance of face-to-face holistic and physical relationships with human and other beings, land, water, air, nature, etc.

Inclusion

P1140955.jpg

Participants who are taking action are not the only members of WILL. We promote ESD with multi-stakeholders.

Moreover, “Everyone is the Protagonist” in WILL. Each member is different, from those with disabilities, those of differing nationalities, ages, etc. We promote the creation of an ”Inclusive Community” that is not stagnant, but actively changes and is accepting of its varying members.

Life & Love

S__21053472.jpg

Through WORK we are exposed to varying values and belief systems, compelling us to observe our own lifestyle.
 We create a platform that encourages encounters and connections, thus leading to a sustainable society, that values all different kinds of INOCHI.

*INOCHI: Japanese pluriversal notion; lives, soul, spirit, existence of people, animals, plants and so on.

What's WILL?

What does each letter in the acronym W,I,L,L, represent?

How can we create a sustainable society ...?

社会的に分断されている人々がともに未来を見つめた社会づくりの担い手になるには、どのような場や仕掛けが必要なのでしょうか?

利害が対立している人たちが、互いの立場や歴史を理解しつつ、未来に向けて問題を解決するような一歩、出会いが生まれるには、どのような場や仕掛けが必要なのでしょうか?

特定の領域で専門性を究めようとしている人たちが、互いを尊重し、力を合わせるには、どのような場や仕掛けが必要なのでしょうか?

あらゆる人々の活動の中で、社会構造の変化、ライフスタイルの変化を生んでいくには、どのような場や仕掛けが必要なのでしょうか?

At WILL, We are thinking about these questions,

creating multiple practical hypotheses, and working

to create a place for "encounters" and "connections"

toward the creation of a "sustainable society.

The relation between ESD and WILL

ESDとWILL

ESDのEは、一般には、Educationの頭文字ですが、EmpowermentのE、EnhancementのE、あるいは、EncounterのEともいえます。WILLは、狭い意味の教育ではなく、今、まさにここで力を発揮する環境や仕組み、また、偶発的な学びを生み出す出会い方に注目します。広い意味での教育を考え、生み出そうとするプロジェクトです。

SDGsとWILL

ESDはE for SD(Education for Sustainable Development)のことですが、EとSDの関係は、常に考え続けなければいけません。SDの活動の中にEがあり、Eを通してSDが生まれる、ということもあるのではないでしょうか。EとSDの相互的かつ一体的な関係を問いながら、SDGs(持続可能な開発目標)とESDの関係を問うていくことも、WILLの目的です。与えられた目標をただ受け入れるのではなく、それが私たちの目標として適切であるかどうかも考え続けていきます。

​活動・プログラムのお知らせ

​直近の活動やおすすめプログラムをお知らせします。

友人との飲み会

​2024.7/19

​@兵庫県芦屋市宮川町

▼KIFUBARとは?▼
「飲めば飲むだけ寄付になるスタンディングバー」社会貢献が身近になる社会を目的に、参加費やドリンクの購入金額の一部が寄付になるキャッシュオン形式のBARイベントです。

​今回はactcoinの協力のもと、ESDプラットフォームWILLがピッチ団体として登壇させていただきます!

黒枝豆収穫お手伝い1.jpg

​黒枝豆オーナーボランティア

​2024.7/20

​@兵庫県丹波篠山市古市

ミチのムコウさん主催の黒枝豆オーナーの土寄せイベントがあり、WILLはボランティアとして参加します。

一般参加者(オーナー)の皆さんとともに作業をながら、参加者さんの誘導・子どもたちの見守りなどを行います。

夏WCチラシ.png

​2024.8/16~22

​@国立療養所邑久光明園

たくさんの仲間とともに海岸清掃や入居者さんとの交流プログラム、「差別・隔離の島から出会いと交流の島へ」をコンセプトにしたつどいの広場づくりなどのワークに取り組みます。参加者それぞれが持続可能な社会づくりに向けた新しいアクションへのきっかけを得られることを目指しています。

Recruitment

We welcome people who are interested in social issues, people who are interested in volunteering, people who like to collaborate with others. We ALSO welcome people who are not good at interacting with people, people who hesitate to express themselves in the public. Various people will make the most of their unique characteristics in their activities. Everyone can be the protagonist. There are wide variety of people with different personalities in WILL.

ユーザー.png

登録(無料)するだけで情報の受け取りや活動参加ができます

メンバー.png

WILLをもっと深く知り、支える人たちと一緒に実践をつくっていきます。

寄付.png

​自分は活動できないけれど、WILLを支えたいと思ってくださる方は、ぜひ寄付などを通じてご支援ください。

Quarterly WILL

WILL publishes three magazines a year, "WILL Quarterly"

The quarterly is led by the editorial board of WILL, and its unique members write activity reports and columns.

You can see all pages and back numbers from here. (Members Only)

​2024 夏号

あいさつ/活動報告:2023年度・ワークキャンプルーム・災害復興支援ルーム・グローカルツアールーム・居場所づくりルーム・農レジルーム/特集:WILL’sコラム「ジャンプ!!」/事務局だより/夏の活動紹介

季刊WILL_2021夏号_表紙.jpg
季刊WILL2024夏号 表紙 .jpg

←画像をクリックすると

 大きく表示されます

​2022 秋号

あいさつ/活動報告:WILLフェス・総会・WILLのつどい・夏のワークキャンプ・農村レジリエントプロジェクト・獣害対策プロジェクト・その他ボランティア活動/特集:インタビュー記事・〇〇の秋×ESD・みんなが感じた秋/新メンバー紹介/事務局だより

季刊WILL_2021夏号_表紙.jpg
季刊WILL2022 秋号写真.png

←画像をクリックすると

 大きく表示されます

2021 秋号

あいさつ/クラウドファンディング達成のお礼とご報告/特集:夏ワークキャンプ(活動報告・鼎談・参加者感想)・ボラ論共同企画・WILLコラム・青空のつどい・ESD実践研究集会・RCE NEWS・東海大学コラボ企画/新メンバー紹介/事務局だより

季刊WILL表紙.jpg
季刊WILL表紙.jpg

←画像をクリックすると

 大きく表示されます

​2023 冬号

あいさつ/活動報告:ワークキャンプルーム・災害復興支援ルーム・グローカルツアールーム・農レジルーム・居場所づくりルーム・合同ルーム/特集:WILL’sコラム/新メンバー紹介/事務局だより/冬の活動紹介

季刊WILL_2021夏号_表紙.jpg
季刊WILL2023冬号 p.1表紙 _page-0001.jpg

←画像をクリックすると

 大きく表示されます

​2022 特別号

あいさつ・総会報告/特集:WILLメンバーからの夏のおすすめ活動・ESDスタディーツアープログラム紹介

季刊WILL_2021夏号_表紙.jpg
季刊WILL特別号表紙.jpg

←画像をクリックすると

 大きく表示されます

​2021 夏号

あいさつ・総会報告/特集:青空のつどい・農村ネジリエントプロジェクト/WILL NEWS/新メンバー紹介/事務局だより

ロゴ_edited.jpg
季刊WILL_2021夏号_表紙.jpg

←画像をクリックすると

 大きく表示されます

​2023 夏号

あいさつ/ルーム体制/活動報告:邑久プログラム・祝島訪問・田植え・大船渡訪問・あーち合宿・アースデイ神戸2023/特集:WILL’sコラム/事務局だより/夏の活動紹介

季刊WILL_2021夏号_表紙.jpg
2023季刊WILL夏号 表紙.png

←画像をクリックすると

 大きく表示されます

​2021 春号

あいさつ・総会報告/特集:青空のつどい・農村ネジリエントプロジェクト/WILL NEWS/新メンバー紹介/事務局だより

季刊WILL_2021夏号_表紙.jpg
季刊WILL_2021夏号_表紙.jpg

←画像をクリックすると

 大きく表示されます

2020 spring issue

Greetings / Kumatochi Project / Ofunato March Planning / Action Beginning Project / RCE Related / Spring Creation Program / Secretariat News

季刊WILL2020春号 表紙.jpg

← Click the image

Will be displayed larger

2020 autumn issue

Greetings / General Assembly Report / Kyushu Southern Kyushu Heavy Rain Disaster Area Support Kumatochi Project / Activity Report / New Members / News from the Secretariat

季刊WILL2020秋号表紙.jpg

← Click the image

Will be displayed larger

2020 summer issue

Greetings / Spring Creation Camp Report / Online Projects / Activity Report / March Ofunato Safety Visit Team / WILLs Column / New Members / Introduction of Activities / News from the secretariat

季刊WILL夏号2020表紙.jpg

← Click the image

Will be displayed larger

Contact

お問い合わせ

ESD Platform WILL Secretariat

esd.platform.will@gmail.com

〒657-0011

3-11 Tsurukabuto, Nada-ku, Kobe-shi, Hyogo

Graduate School of Human Development and Environmental Studies, Kobe University

Human Community Creation Research Center

Tel.078-803-7970

Fax.078-803-7971

Thanks for submitting!

bottom of page